飼えなくなったら

BoRNの活動対象は「保護者のいないボルゾイです」。迎えた以上は、飼い主さんが最後まで責任を持って送り出してあげてください。

通常では、BoRNでは以下のように返答しています。

まず、その犬をこの世に送り出した人、つまりブリーダーへ、相談されてください。本来なら、飼い主が唯一無二のその犬の保護者ではありますが、もし、次に誰かに助けを求めるとしたら、その犬を作り出した人です。引き取りを要請してください。引き取りに応じていただけなかった場合でも、BoRNでは特にアクションは起こすことはありませんが、犬舎ごとの販売後のフォローの姿勢を把握するため、引き取りに応じてくださった犬舎、拒否した犬舎の名前をご一報ください。

繁殖者に拒否された場合、または生体販売店などで、売りっぱなしのルートから犬を入手した場合は、自力で里親さんを探すことになります。インターネットの里親探しの掲示板、地元の動物病院、ペットグッズショップ、コンビニやスーパーなどに張り紙をお願いしたり、新聞やフリーぺーペーパーへ掲載を依頼します。BoRNでも、譲渡希望者リストにおられるご家族へ、募集内容をご案内することが可能です。

BoRNでは「欲しい人=飼える人」とは考えていません。里親候補さんに犬を見ていただきますが、同時に、保護者側も里親さんの選定を行う必要があります。ご足労いただいてお断りするのは心苦しいですから、募集時にある程度の希望を提示しておき、さらに最初のコンタクトの段階で、里親候補者さんのご経験や飼育環境などの実際をお聞きします。判断基準としては、二度と手放されることがないよう、物理的に、苦労が少なく飼える条件の飼い主さんかどうかです。つまり、ご自分の放棄理由になった部分が、その里親候補さんにも共通していないかを、特に注意して確認してください。

BoRNが通常使用する具体的な選定基準としては、譲渡希望登録へ進む途中に出て参りますので、ご参照ください。ただし、こちらは個体差を考慮していませんので、実際には、犬ごとの問題点や、保護者が特に希望する点などを元に、条件が増減することになります。

BoRNで里親さん募集をする犬たちは、年齢や健康状態にかかわらず、ご縁がすぐに出来る子もいれば、年単位での保護になる子もいます。せめて1年は、必要に応じて家族や業者の援助を受けつつ、なんとかがんばって里親さんを探してください。

もし、放棄を希望している理由が、行動面の問題だった場合は、放棄よりも先に、複数の訓練士やインストラクターへの相談、それから問題行動学の専門医(かかりつけの獣医師に紹介を依頼します)を受診します。

どうしても里親さんが見つからない場合、本当にご自分はベストを尽くされたのか、今まで以上に本当にできることはないか、他にできることはないか、もう一度確認してください。本当にすべてやり尽くしたと思われたら、BoRNへご相談ください。もう一度、やり残しがないか、確認作業をお手伝いさせていただきたいと思います。

もし、何らかの理由で、譲渡ではなく「処分」をどうしても希望されるのでしたら、他人任せで行政に委託するのではなく、ご自分の手の中で眠らせてあげてください。少なくとも犬は、処分場までの恐怖や不安(場合によっては苦痛)を感じることなく、日常生活に近い状態から逝くことができるでしょう。そして飼い主は、冷たく硬くなっていく体の感触を、一生忘れずにいてやってください。

ページトップへ