ボルゾイ飼いの仲間で、ホントかウソか不明ではあるけど通用してしまいがちな用語をまとめてみました。地方によって違う表現をする同義語、新規登録用語、訂正を常時募集しています。登録フォームからお送りくださいませ。



あ行

アイ・コンタクト
犬と飼主が、飼い主の指示で目を合わせること。とても重要なしつけの基本・基礎の1つ。

アイリッシュマーク
別名コリーマーク。セルフの一種でコリーのような白との配置で色がでる柄をいう。

アジリティ
犬の障害物タイムトライアル。指示を聞けることが前提なので、犬と一緒に楽しみながらしつけも同時進行のドッグスポーツ。

アンダーコート
皮膚に近い方に生えているほやほやの綿毛状の毛。

遊ぼのポーズ
しっぽを振りながら、前肢と肩を低く、腰を高く、耳を立てて相手をじっと見るポーズ。そのまま両前肢を揃えて地面をたたく場合もある。同じかっこうをして相手してやると楽しいらしい。カーミングシグナルの一種としての説明もあるが、飼い主の間では遊ぼが一般的。

 

アンダーショットバイト
上の歯よりも下の歯が前に出ている状態。イーブンバイト、オーバーショットバイト、シザー(ズ)バイト、レベルバイトの項参照。

イーブンバイト
レベルバイトのこと。上下の歯が重ならずに先同士が当たっている状態。スタンダードでは可とされる。アンダーショットバイト、オーバーショットバイト、シザー(ズ)バイト、レベルバイトの項参照。

うんこ柱
一部の間では茶柱よりめでたいとの説があるが、真相は定かではない。(ヤマダ註:私が書いたんじゃありませんっ)

おっかけ
サイトハウンドの特性でもある「動く物を追う」という行為のこと、またこの行為がどうも直らない犬自体を示すこともある。

オートマティックシット
人間が立ち止まったら自動的に犬が座ること。

オーバーコート
表面でよく見える長くて太めの毛。

オーバーショットバイト
シザー(ズ)バイトよりもかみ合わせが深く、上の歯が下の歯よりも前に出ている状態。アンダーショットバイト、イーブンバイト、シザー(ズ)バイト、レベルバイトの項参照。

お花畑
ボルゾイのある種の性質を示す。例:山田グラン、寺邑伽羅など。詳細については企業秘密です。

オビディエンス
大抵は服従訓練のことをさしてこう言うらしい。

オフリーシュ
犬にリーシュがついていない状態。ノーリード、ヒモナシと同義語。オンリーシュ、オンリードが反対語。

オンリーシュ
犬にリーシュがついている状態。オンリード、ヒモつきと同義語。

オンリード
オンリーシュ参照のこと。ノーリードが反対語。

top return



か行

がうがう犬
がうがうとケンカ売る犬。

カギしっぽ
しっぽの先がカギになっている状態。元はネコ用語?

カラー
collar なら首輪、colo(u)r なら色。

カラスダッシュ
カラスを見て思わずやってしまうダッシュ。(スズメダッシュ、猫ダッシュ、ハトダッシュの項参照)

鉗子
ハサミのような形で先端がピンセットの役目をする重宝な道具。挟んだ状態でロックできるので、ピンセットの代用としてとても便利〜♪

キツネジャンプ
ため〜てため〜て、四本脚でジャ〜ンプ後、前脚で獲物(おもちゃ等)をばしっとつかまえるジャンプ。

脚側行進
脚側歩行、ヒールポジションで歩くこと。

ギャロップ
四本脚が全部地面から離れた爆走中の足並み。

 

クリッパー
ネイルクリッパーなら爪切り。バリカンをクリッパーと呼ぶ人もいる。

栗耳系
耳を立てた場合に、耳の先端が栗の実のようにくっついてしまうタイプ。(滅多にこの用語は聞くことがない)

 

ぐるぐるダッシュ
走りたくてたまらなかったボルゾイが、放されたとたんにぐるぐると何度も大きく輪を描いて走ること。

クレート
バリケン、フラーリと商品名でも呼ばれる犬が入る小屋。プラスティックで飛行機移送にも使用できるものをエアラインクレート、ワイヤーで金網になったものをワイヤークレート、メッシュクレートと呼んだりする。

クレートトレーニング
安全でかつ安心できる場所とクレートを教える訓練。ハウストレーニングとも呼ばれる。

ケージ
ワイヤークレート、メッシュクレートとも呼ばれる金網でできた犬が入る小屋。

血統書
その犬の犬種団体に登録されている血統上の祖先が列挙してある紙。

犬舎
犬小屋のことを示す言葉だが、繁殖している家を示すことに使われる場合が多い。・・・気がする。

肛門嚢(こうもんのう)
情報を含む粘液を分泌するところ。肛門の両脇に噴射口がある。おしりにご挨拶するのは、この情報を嗅ぎ取るため。分泌がうまくいかないと炎症を起こすことがある。

コーシング
ルアーコーシングのこと。ナイロンのヒモにつけられたルアー(スーパーの袋)を追うレース。ハウンド種全般が対象だが、JKCではBORZOI.jp発足時には認定(?)されておらず、日本ではマイナーな競技。語ると長くなるので以下割愛。

コート
毛。

コーム
くし。

コリーマーク
別名アイリッシュマーク。セルフの一種でコリーのような白との配置で色が出る柄を言う。

top return



さ行

サークル
3面以上の金網をつなげて犬のためのスペースを作る囲い。ペン。

シザー(ズ)バイト
かみ合わせの一種でシザー(ハサミ)のように上の歯が下の歯とすり合うように重なり、上の歯がやや前に出ている状態。スタンダードでは可とされる。アンダーショットバイト、イーブンバイト、オーバーショットバイト、レベルバイトの項参照。

シャイ
はずかしがり屋さん、人見知り・犬見知り屋さん、こわがりさんを指してもこう言うが、実はいきなりがぶっとくる犬のこともこう呼んだりする。

ジェントルリーダー
頭部に装着するしつけ用具。ヘッドカラーの項参照。

招呼
呼び込むこと。「しょうこ」と読むそうな。

持来
字のごとく「持って来い」。一般的にボルゾイはあまり得意でない作業。「じらい」と読むが大抵の辞書ソフトは変換できない。

スズメダッシュ
スズメを見て思わずやってしまうダッシュ。(カラスダッシュ、ハトダッシュ、猫ダッシュの項参照)

スタンダード
犬種としての基準を定めたもの。素人さんから玄人さんまで、大事なものです。

スナップ
ぱちん!と歯をあてる(咬む)こと。

スリッカー
針金が生け花の剣山のようにびっしり並んだブラシ。抜け毛がよく取れるが、薄毛のコには注意してあげよう。最近は毛先が球シリーズもあるぞ。

 

スリップリーシュ
コーシングの時に使われる、しゅるっと犬を放すことができるリーシュ。

セルフ
白以外の色の付いた部分の柄の出方。べろっと全体に色がついたものを言う。マズルの先、胸から腹、足先、しっぽの先は色が抜け(白くなり)がち。一枚柄、一葉と言う人もいる。

top return



た行

退屈ソング
文字通り、退屈するとあお〜あお〜と伴奏なしで歌い始める歌のこと。(この言葉が使われるのは未だ聞いたことがない)

ダブルコート
上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)。

ダブルサスペンションギャロップ
前脚と後脚をそろえて動かし、背中を使って走るギャロップ。

 

チョークカラー
引くと首が絞まる首輪。引っ張り犬の矯正のために使用されるが、使い方にコツがあるので、専門家のアドバイスを受けてから使用する。鎖でできたものをチョークチェーンという。

停座(てーざ)
おすわり。

ドルゾイ
ボルゾイの一般向け別名の1つ。

トロット
右前足と左後足,左前足と右後足とを交互に使う早足。

top return



な行

ネイルクリッパー
ツメ切りのこと。なにもわざわざこんな面倒な言い方せんでも。

猫犬
ボルゾイの性格、行動における特性を一言で表した語。勝手気まま、人見知りする、愛想無し、なのに内弁慶、内気ゆえに猫パンチのノリで反撃に結びついてしまう場合アリ、犬のくせに手で感情を表現したり、前脚を使って遊ぶ、体をすり〜すり〜っとご挨拶する(人間が体調悪いとコケる威力アリ)等々。もちろん例外犬も数多し。迷惑だが非常に愛おしい性質を持つボルゾイの総称。元ネタ提供:ねこぽっぽさん

 

猫ダッシュ
猫を見て思わずやってしまうダッシュ。(カラスダッシュ、スズメダッシュ、ハトダッシュの項参照)

ノーリード
ノーリーシュの項参照。オンリード、オンリーシュが反対語。

ノーリーシュ
犬にリーシュがついていない状態。ノーリード、ヒモなし、放牧中と同義語オンリード、オンリーシュが反対語。

top return



は行

ハーフチョーク
引っ張ると苦しくない程度にしまる首輪。プレミアカラーと同義。

ハウストレーニング
安全でかつ安心できる場所とクレートを教える訓練。クレートを使う場合、クレートトレーニングとも呼ばれる。

ハウスブレーキング
ハウスブレイクさせる(させない?)こと。トイレのしつけ。

パスターン
手首。

パッド
いわゆる肉球。ボルゾイのはデカい。ひび割れたりすることもある。

ハトダッシュ
ハトを見て思わずやってしまうダッシュ。(カラスダッシュ、スズメダッシュ、猫ダッシュの項参照)

鼻じる
ボルゾイ飼いなら当たり前!(なにがだ?)

鼻ロケット
鼻を先頭に飛んでくるので注意。

パニック
心身ともに繊細すぎるボルゾイでは恐怖や痛みでパニックになり咬んだり暴れたりする場合がある。

バリケン
クレートの商品名。バリケンのようなプラスティックのクレートはエアラインクレートともよばれることがある犬が入る小屋。

ハンドラー
ドッグショーの審査場(リング)等で、犬をハンドリングする人。スーツやドレスにスニーカーを履いてる人が多い(靴音で犬をビビらせない、固い靴底で犬を傷つけない等、理由はあるらしい)。

ハルティ
頭部に装着するしつけ用具。ヘッドカラーの項参照。

ハンドリング
犬を引き綱を使って引いたりなどして、誘導したり扱うこと全般。

引き綱
リーシュ、リード、ヒモのこと。

ビビリ咬み
ビックリして思わず咬んでしまうこと。

ビビリダッシュ
びっくらこいて思わずやってしまうダッシュ。

ヒモ
リード、リーシュ、引き綱のこと。某ぴ〜♪さんはどうしてもヒモと言ってしまうことが目下の悩みである。

ヒールポジション
人間の左足と犬の前脚がそろった位置関係。

伏臥(ふくが)
ふせ。

ブタしっぽ
トクイになったとき、くるくる巻きすぎて1回転してしまうしっぽ。

フラーリ
クレートの商品名。

ブランケット
コーシングで犬が着るゼッケンのような役目のおよーふく。

フリースタイル
犬と人間がダンスするドッグスポーツ。某ぴ〜♪さんはWCFO(World Canine Freestyle Organization)の会員だったりするが、会員登録しているだけである事実には触れてはならない。

ブリーダー
犬を繁殖する人。BORZOI.jpでは繁殖家と繁殖屋に分類。

ブリンドル
いろいろな色の毛が生えている部分の色を表す。色味によってレッドブリンドルやらクリームブリンドルやらと呼ばれる。

ブルゾン
ボルゾイの一般向け別名の1つ。

ブレース
2頭をいかに1頭しか連れてないかのようにハンドリングする競技。多くはショーでのアトラクションとして行われる(らしい)。業界によっては人1・犬2はタンデムと呼ばれている。

ブレーズ
顔の中央に目から鼻にかけて入った柄。

フレキシブルリード
リールがついており、犬の動きに合わせてリードが伸び縮みするロングリード。

プレミアカラー
引っ張ると苦しくない程度にしまる首輪。ハーフチョークと同義。

へそ天
へそを天井に向けて寝る姿勢のこと。

 

ヘッドカラー
頭部に装着するしつけ用具。ヘッドホルダーともいう。ジェントルリーダーやハルティが一般的。装着法、使用法を専門家に聞いてから導入する。

ペタあし
足先の指の握りがなく、開いている状態。

ペン
3面以上の金網をつなげて犬のためのスペースを作る囲い。サークル。

放牧
オフリーシュの状態で自由に遊ばせること。

ホック
かかと。

ボルシチ
ボルゾイの一般向け別名の1つ。

ボルゾイスマイル
むき〜っと歯を剥きだして笑う表情。

ボルゾイパンチ
長い前脚で繰り出されるパンチ。人間の顔面にヒットするのでキケン。大抵は犬はオテをしているつもりらしい。

ボロゾイ
ボルゾイの一般向け別名の1つ。

top return



ま行

マウント
交尾時にメスの背後にオスが上半身を乗せる体勢。順位付け(確認)の際にも行われるので、メスや子犬同士がする場合もある。マウンティングとも言う。さらに「かっくんかっくん」とも言う。

マズル
口吻。くちばし。顔の鼻から目にかけての部分。英語じゃ口輪や口輪をすることを言うような?

マーキング
行為としての場合は、テリトリーにニオイ情報を残すためにシッコをかける行為をさす。脚をあげるメスもいる。シッコのほかに、ツメで地面をひっかいて、足裏の汗腺からの分泌物を残すのもマーキングの一種。

マーチンゲール
ハーフチョーク、プレミアカラーと似たようなもん(違いが不明)で、ある程度までしか締まらない首輪。某ぴ〜♪さんはMartingaleを「もーがんでーる」と読んでいた恥ずかしい過去がある。

麿(麻呂)眉
四つ目。目の上のマーキング。

メッシュクレート
ワイヤークレート、ケージとも呼ばれる金網でできた犬が入る小屋。

モロゾフ
ボルゾイの一般向け別名の1つ。某洋菓子店と同音異義語。

top return



や行

四つ目
麿(麻呂)眉。目の上のマーキング。

top return



ら行

ラシャ・ウルフハウンド
ボルゾイの別名。ラシャって、ロシアン or ルシアンがなまったものか?(ヤマダの推測)

立止(りっし)
立って待て。

リーシュ
リードのこと。引き綱。ヒモ。

リード
リーシュのこと。引き綱。ヒモ。

レベルバイト
上下の歯が重ならずに両端があたっている状態。スタンダードでは可とされる。アンダーショットバイト、イーブンバイト、オーバーショットバイト、シザー(ズ)バイトの項参照。

ローズイヤー
ボルゾイの折り畳み収納耳。

ローマンノーズ
ボルゾイのワシ鼻。

ロシアンウルフハウンド
ボルゾイの別名。

ロシア革命
ロシアの帝政が崩壊した革命。ボルゾイはブルジョワの象徴のひとつと見なされ、貴族とともに虐殺という惨い運命に合い、著しくその数を減らしたらしい。

狼爪(ろうそう)
人によって定義があいまい。前肢の第一指を親指という場合、狼爪という場合に別れるが、後肢のほぼ退化している第一指は共通して狼爪と呼ばれてる。後肢にみられるぷらぷらした指は、通常は生後間もなく切除される。前肢の第一指の場合は、切除してもしなくてもよいとされている。切除の理由は怪我防止、審美面、用途がない等があるようだ。「おおかみヅメ」と言う人もいる。

top return



わ行

ワイヤークレート
メッシュクレート、ケージとも呼ばれる金網でできた犬が入る小屋。

top return



アルファベット

BCOA
ボルゾイクラブオブアメリカ。

BIS
全犬種展覧会で与えられる称号で、全犬種(牡牝含めて)の最高位。全犬種最優勝犬ともいう(らしい)。

CD
JKCの規定による犬のしつけの資格。CD1、CD2、CD-Xなどがある。

CH
チャンピオン

FCH
フィールドチャンピオン

FCI
国際畜犬連盟。

CGC(Canine Good Citizen Test)
AKCの規定によるしつけの認定試験。

GCT(Good Citizen Test)
優良家庭犬普及協会が行う飼い主と犬のためのしつけの認定試験。

IDタグ
迷子札。類似品IDカプセル(連絡先なんかを書いた紙がカプセルに入ってるワケね)。

JKC
ジャパンケンネルクラブ。

TCH
トレーニングチャンピオン。

top return



数字

top return