ボルゾイの起源
 
そのルーツは古代エジプト系(壁画などに描かれた猟犬)と推測されるが、起源については謎に包まれている。
1260年代には、初代皇帝(※註)に飼育されていたというドイツ大使の報告や、ボルゾイを使ったウサギ狩りが催されたという記録があるが、ボルゾイの確立の経緯には諸説あって、はっきりしたことはわかっていない。
BORZOI.jp註:1260年代には、皇帝という地位が存在しなかったため、ここに書かれている「初代皇帝」という記述は謎である
  1. (1236-41年のモンゴル軍の来襲とともにロシアに流入したと思われる)モンゴルの俊足な犬種と北方のラップランド犬を交配して作出されたという説
  2. 現在は絶滅したステップ・グレイハウンドという犬にコリーを交配して作出されたという説
  3. 中東の視覚犬が北方に入り、脚の長いロシア地方のコリータイプと繁殖することで、寒さへの強さと長い毛が加ったという説
    (註:2と3は同一か?)
  4. ロシア産のハウンド犬が進化したという説(ロシアのブリーダー、ボルダレフ氏の仮説)
現在のボルゾイの一般的な特徴が確立したのは1650年代だと言われている(初めてのボルゾイのスタンダードが記述される)。
参考資料:
  • THE ULTIMATE DOG BOOKS(書籍)
    David Taylor著 Dorling Kindersley(英国)刊
  • すばらしき犬の世界 ボルゾイ(ビデオ)
    ALLESVIDEO
  • DOGS FROM A to Z ボルゾイ(ビデオ)
    ONLY HEARTS co.,Ltd.