しつけ

「犬を飼う」ときに、切っても切れないのがしつけでしょう。毎日犬に声をかけて生活していくうちに、大抵の子はそこそこのコミュニケーションがとれるところまで育っていくことでしょう。でも、そこをもう一歩ステップアップしてみようとしたら、もっともっと愛犬との世界が広がっていくのではないでしょうか。



しつけは何のため?

ボルゾイには服従訓練はいらない、ショードッグにはオスワリは教えなくていいという意見を、最近はほとんどありませんが、かつてはしばしば耳にしました。
でも、いったいしつけってなんのためにするの? 

『人と犬が気持ちよく、より幸せに生活していけるように』

ではないかと思います。もちろん、自分の家の犬が、自分の家の中で何をしようと「自由に」「自然に」させておきたいという方は、お隣さんやご近所に迷惑をかけない範囲で、ご自分の家の敷地の中でそうしてあげてください。しかし、家の中ではしつけをせずに暮らして行こうとしても、ピンポンで玄関から飛び出したり、ちょっと目を離した瞬間に揚げ物の油にいたずらするなんてことがないように、十分に管理に気を付けておかないといけません。日常の訓練はこれらしつけの延長線上にあるもので、より明確に犬に通じる言葉を、飼い主との間で確認しあう作業とも言えるのではないでしょうか。
家から一歩出て、たとえばお散歩に行ったとき、獣医さんやどこかへ一緒におでかけするには、「自分以外の人間に迷惑をかけない」ことは、とても大切になります。他人のボルゾイのお行儀の悪さから、無関係のボルゾイまで「ボルゾイは行儀が悪くて」と言われてしまうのも悲しいです。犬立入禁止の公園が増えていくことに拍車をかけることにもなり、犬を飼っている人たちへも迷惑をかけていることになります。
どこにいても、なにをしていても、常に「他人に迷惑をかけていないか」という点を再チェックしてみてください。犬にしつけが入っていないことよりも、飼い主が他人の迷惑を考えていないと言うことが、何倍も恥ずかしいことです。犬のしつけが今一歩でも、飼い主さんの気配りだけで、いくらでも周囲へのフォローは可能なのです。

top return



理想の生活は?

たまたま迎えた犬がボルゾイだった人もいるでしょうが、長い間ボルゾイにあこがれ、ようやく手に入れたという飼い主さんも少なからずいらっしゃいますよね。まず、ボルゾイを迎える前、ボルゾイとのどのような生活を思い描いていましたか?
一生懸命考えた名前を呼ぶと、期待でいっぱいの目で見つめ返してくれる相棒としてのボルゾイだったり、お散歩の時は一緒に並んで歩いてくれる美しく自慢の種の違う生き物だったり、ちょっとこじゃれたレストランへ一緒に入り、優雅な日曜日のブランチを一緒に楽しむ恋人だったり、お客さんへも飛びかかったり怖がって隠れたりせず、静かにご挨拶をしてくれる家族だったりしませんか?
決して、ご近所から臭いうるさいと苦情が入ったり、歩いているだけで「大きくて怖いからなにされるかわからない」と大きく迂回して避けられるようなお散歩だったり、犬を連れてどこにも遊びにいけない生活ではありませんよね? 
では、これらはどうやったら実現可能なのでしょう?

top return



基本の5コマンド

「服従訓練」という言葉を耳にしたことがありますか? 犬を家族として、親友として迎えたつもりの方には、「服従」という言葉は非常に抵抗があるかもしれませんね。その場合、服従を「信頼」という言葉に置き換えて考えるようにしてください。同じ内容です。名前を呼ばれたら最優先で人間の目を見る、いつでも、どこであっても、どんな状況であっても最優先でいつも通りの反応をするということは、相手を深く信頼してないと気持ちが悪いことというのは、私たち人間同士も同じことですよね? そして、信頼関係で結ばれた飼い主と犬は、犬のことがよくわからない人にも安心感を与えます(どんなにお行儀がよくても、見るだけで犬が嫌いで怖いという人ももちろんいますが)。飼い主をぶんぶん引きずり回して走って来る大きな犬が見えたら、大型犬を飼っている私ですら、思わず逃げてしまいます。
でも、どうやって信頼関係を作っていいんでしょう?
基本の5つのコマンドは、使う人によって言葉は若干違いますが、「ツケ、オスワリ、フセ、マテ、コイ」となっています。これらの5つの動きは、犬の体に負担をかけず、何も教えられていない犬や犬同士の間でも自然に見られる動きをもとにしているそうです。そして上項目の理想の生活は、これらたった5つのコマンドさえできれば、簡単に実行可能なのです。
家の中で、おやつが欲しいからオスワリをして待つことができるのは、すばらしいことです。そして、飼い主がちょっと缶ジュースを買う間にも座って待っていてくれたり、すぐにがうがう!と吠えかかってくる犬が来ても、飼い主の目をじっと見て静かに座ってくれたなら、こんなに誇らしいことはありませんよね? 
いつだって犬と人間が共通の言葉を持ち、信頼関係を結んでいるような間柄は、決して雲の上の世界ではありません。家の中でおやつが見えて必ずもらえると思っている時にできるのなら、おやつが見えていなくても「オスワリ」ができたらもらえるということを教えることができるでしょう。家の中で「オスワリ」という動作が、いつでもできるようになったなら、玄関の前でもできるでしょう。玄関の前でできるようになったなら、少しずつステップアップしていくことで、レストランの中、公園、走っている途中ですらできるようになるでしょう。こうして、いつでも、どんな時でも、どんな状況でも飼い主の目を見て飼い主の言葉を聞き、「オスワリ」ができることを、本当にオスワリができると言います。上記の5つの動作を同じように毎日ちょっとずつ練習して、いろんな場所、いろんな状況で共通の言葉、目と目の会話を成立させていってください。どこに連れていっても誇らしいパートナーが、あなたの隣であなたを見上げているでしょう。

top return



教え方?

教え方にも選択肢がたくさんあります。基本は、どの教え方であっても、人間が望んでいる犬の行動を伸ばし、人間が望んでいない犬の行動を消していくということなのですが、教える方法はもちろん犬と飼い主の個性で異なりますし、具体的内容にしても訓練士さん、しつけ教室、飼い主さんによって千差万別です。できるだけたくさんのしつけ本を読んだり、意見を聞いたりして、その本や人が全般的にどのような方法を使って犬の望んでいる行動を伸ばして、どうやって望んでいない行動を打ち消しているのかをまず読みとってください。その中から、自分と自分の犬に合う方法を選択して、さらに必要に応じてしつけ教室や出張訓練を申し込んだりなどの選択もしてください。不安だという自覚がある初心者さん、何年も犬と生活していて訓練にどっぷり浸かった飼い主さんが、プロにお手伝いを求める傾向があるようです。できれば初心者さん全員が、最初だけでもプロにペース作りを手伝っていただけるといいと思います。後々の生活が、ず〜っとラクチンになりますよ。



さて、教え方の大まかなしくみは、以下のように表現できるでしょう。個人的に一番わかりやすかったので『The Power of Positive Dog Training(Pat Miller著)』で紹介されていた用語をかっぱらって、もとい、引用させていただきました。他記事と同様、こちらも誤解釈の場合の責任はBORZOI.jpにあり、実際の使用に関する責任は読者にあるものとさせていただきます。

Positive Reinforcement(以下PRと略)
Negative Reinforcement(以下NRと略)
Positive Punishment(以下PPと略)
Negative Punishment(以下NPと略)


英語を普段使わない生活をしている方は、めんどくさ〜と飛ばしてしまいたくなるかもしれませんが、以降の文章ではこれを使いまくるので、ここはひとつ、辞書を引っ張り出してみて、それぞれの語感をつかんでおいてください。
Reinforcementというのは、この場合は犬のなんらかの行動を増させるという意味になります。Punishmentはその逆に、行動発現頻度が下がります。
それから、Positiveというのは、犬に対して何かを行う、与えるという意味です。Negativeはその逆です。何も行わない、なにかを差し引くことになります。


例をあげると、「犬がオスワリをした、ご褒美にジャーキーをあげた(すぐオスワリするようになった--犬:いいことがおきるのでする)」がPR、「家に帰ると犬がよろこんで飛びかかってきた。飛びかからせたくないので、くるりと背中を向けて交わし、無視した(とびかからなくなった--犬:いいことがおきないのでやめる)」がNP。「私の誕生日だから早く帰ってきてねと言っていたのに、まだ帰ってこないダーリン。玄関の鍵も閉めたまま、電気も消してふて寝してやった(翌年は休暇まで取ってくれた--ダ:いやなことがおきないのでする)」がNRです。


それから、最後に、私たち素人が簡単にやってしまいがちで、でも、実のところはものすごく扱いが難しく、逆の効果を簡単に引き出してしまう要注意の対処法が、以下に続きます。「さっきから何度も片づけて手を洗ってきなさいと言っているのに、言うことを聞かない子供のお尻をひっぱたいた」がPPです。人間相手には通用するかもしれません。でも、私たちは犬が本当に理解できているのかの判断が(できているつもりでも)できていないことがほとんどです。何度も繰り返され、でも犬にとって理由がわからない「痛い」や「怖い」では、犬に対してアンフェアではないでしょうか。


最近では、PPを使わないトレーニングを専門に指導してくださるプロの先生も増えてます(使わなくても十分にトレーニングできます)。飼い主の間でもあちこちで既に言われていることでもありますが、BORZOI.jpとしても、私たち一般飼い主が気軽にPPを使うことには反対の姿勢を取っています。犬の個性を見極める能力を含め、確かなスキルのあるプロの手ほどきの元でのみ、使用するのが望ましいです。


余談ですが、以前は「PPといえば老舗訓練士、老舗訓練士といえばPPだけ」のような偏見がかなり横行していたようですが、現在ではいわゆる「老舗訓練士」さんももともと上手に報酬を利用して訓練を教えてくださっていたらしいという情報が多々入ってます。

top return



ご褒美と罰

さて、では、具体的にPR、NR、NPを使用していく上で犬に対して「それがやってほしかったのよ!」と「それはちょっと嬉しくないのよね」を伝えるために使うツールとして、報酬と罰があります。報酬は行動を引き出すためのものですから、「犬にとって欲しいもの、もらうとうれしいもの」、それから、PPを使用しないという前提でこの文章を作成していますので、罰に痛みや恐怖は使いません。罰は行動をやめさせる(する価値を下げる)もので、「犬にとってつまらないもの」と定義したいと思います。


ご褒美の例は、食べ物、なでなで、「おりこうね!」の褒め、おもちゃ等が一般的です。他にも、お散歩、臭い嗅ぎ、普段は乗っちゃいけないソファに乗れること、ドライブなどがあるでしょう。犬が喜ぶものならなんでもOKです。
罰には、食べ物がない、なでなでがない、「おりこうね!」と褒めてもらえない、おもちゃが出てこない、お散歩に連れて行ってもらえない、臭いを嗅ぎに行けない、ソファに乗れない、ドライブに行けない、それから、飛びかかっても「キャー!汚れる〜!」のような楽しげな声が聞けないのようなものがあげられます。「犬からしてみたら、あると期待していたのになかったもの」という表現もできるでしょう。


【タイミング】ご褒美にしても罰にしても、犬の行動と結果を直結させるために、犬が行動を起こす瞬間、最中、直後のみに行います。しばらく経ってからでもわかるという意見はよく耳にしますし、もしかしたらそうなのかもしれませんが、しばらく経ってからでは全くわからないと書いておられる専門家もいます。どちらにしろ、一番犬にわかりやすく、一番犬に伝わりやすいのは、やはり前述のタイミングでしょう。


【報酬の強度と頻度】犬にもすご〜く好きなものから、ないよりはマシ程度の好きなものまで、範囲があるでしょう。なにがどのくらい好きかを見極めるのも、飼い主の仕事です。たとえば、一般に散歩は犬にとって報酬になりますが、雨が大嫌いな犬や、まだお散歩に慣れていなくて外が怖いパピーには、報酬ではありません。でも、外が怖いパピーでも、何が何でも食べることが好き!とか、カエルのぬいぐるみがあれば1日遊んでいられるというような子なら、食べ物やおもちゃを使って、外の怖さを早々に克服することができるかもしれません。苦手さの度合い、要求する内容の難度に従って、報酬の強度を調整します。

それから、「報酬は毎回必ず」という鉄則もありますが、同時に「報酬は同じレベルで出続けない」ことも大事です。毎回オスワリ2秒で報酬が出ていたら、確実にオスワリが10秒できるようにはなりません。2秒が8〜9割は完成したら、次は同じ環境で3秒とか、違う場所で2秒(次の段階で変更するのは1条件だけ)と、少しずつ難度を上げていくのが大事です。また「確実に成功させる&成功を繰り返させる/絶対に失敗はさせない&繰り返させない」ことも、とても大事なことです。家の中で呼んだら来るようになったからといって、次は山のキャンプ場でいきなり放して呼んでも、帰ってくる確率はとても低いです。1つずつ条件/バリエーション(時間、環境等の変更)を増やし、確実にステップアップしていくことで、犬の中で人間からの合図と、その時に望まれている行動がしっかりと結びつくように教えていきましょう。


【「エサでつる」ことへの抵抗感】食べ物がなくちゃ、全然言うことを聞かない犬・・・かなりさびしいです。食べ物は報酬として非常に使い勝手がいいものではありますが、その分、切り上げていく作業にもきちんと取り組まないと、「これをあげるから言うこと聞いて、ほらほら、これこれ!」のような、情けない状態に簡単になってしまいます(見せても何をしてもできないよりはいいでしょうが)。しかし、そもそも、食べ物は報酬の1つです。おもちゃや口頭での褒めと同じ道具箱にあるものです。食べ物を使うことに抵抗があるなら、他のものでも十分にトレーニングはできます。しかし、残念ながら、ボルゾイはやる気な〜しに育ててしまう飼い主さんがとても多いです。集中力もなかなか持続しません。やる気な〜しの犬にいきなりダンベルを見せて、一体どの程度の確率でわくわく跳ねてやってくるでしょう。でも、食べ物なら、犬は基本的に食べることが好きですし、食べなくては生きていけませんから、「犬作り(モチベーションを作る/高める作業)」を飛ばしても、直接トレーニングを始められることもあります。それから、偏食傾向が強い犬も、トレーニング(遊び)で食べ物を使っているうち、食べることが楽しくなる場合も少なからずあります。特殊な分野での訓練を望まないのであれば、正しく使っているかぎり、食べ物を使うことでの害はまずないと言っていいでしょう。


【楽しく!】一番大切なポイントかもしれません。犬にとって楽しいなら、犬はのびのびと自発的にチャレンジをし始めます。せっかく望んでいる行動を教えていくのですから、いつも楽しく、犬が自分から喜んで行うようにしていきたいものです。ポイントは、1回のトレーニング時間を短くすること。まだまだやる気が十分にある状態で切り上げ、次のセッションへの期待につなげることでしょう。

top return



問題行動

「問題行動」というネーミングは、人間の側から見て困った行動ということから来ているのでしょう。ですが、犬としてはごくごく自然なことをしているのかもしれません。トレーニングの本によっては「(人間にとって)望ましくない行動」と書かれていますから、今回はこちらの表現を使いたいと思います。

多くの場合、初心者である私たちは、特に望ましくない行動に対してPPを使用して「やっている、またはやってしまった行為をやめさせる」方向で考えます。しかし、前述したように、滅多なことがない限り、初心者が気軽にPPを使用すのは危険です。

ではどうするか? 犬にとっては自然なことだから、人間は我慢? それはとんでもないです。モノなら修理や買い直したりできますが、人間社会の環境では、犬自身を失うことだってあります。なんとかしなくてはなりません。


具体的な方法は、くどいですが、犬と飼い主、課題ごとに違います。

まず、ついつい最初に思いつきがちですからPPから始めますが、PPが一番有効だとか、BORZOI.jp推奨という理由からでは決してありませんし、むしろその逆に近い印象を持っていますので、ご注意くださいね。
PPを使用するときには、かならずプロの指導を受けること。PP以外の方法を素人が試す分には、失敗してもさほど深刻な結果はありませんが、PPは甘く見てはなりません。たとえ話にするなら、人間の3歳児に出刃包丁を持たせるようなものです。ちびっ子板前ワールドチャンピオンなら、的確に使えるかもしれません。でも普通なら、触らせたくはないですよね。大げさに聞こえるかもしれませんが、このくらい用心していても、しすぎではないと思います。
どうしても、なにがなんでもPPしか方法がなく、プロの指導の元で行い始めたとして、1回、せめて2回やっても犬の失敗が繰り返されるようなら、自分がやったのは単なる暴力だったくらいの反省をすべきかもしれません。そして、真剣にプロにもう一度(人間の)指導をお願いすべきでしょう。
なにより、PPを行う際に最初に考えて欲しいのは、どれだけその犬のことを愛しているかを、もう一度自分で確認してください。望ましくない行動を望ましくないことだと犬に教える前に(人間は教えたと思ってしまっているでしょうが)痛みや恐怖がくるわけですから、犬に対して公平ではないと思います。それでも試してみて、もしも失敗した場合、PPはそれまでの何倍もの害を残す場合があります。その時に自分が(間違って犬に)教えてしまったことに、必ず責任を持てる場合にのみ、試すことを考慮してください。


基本的に私たち一般飼い主に大切なのは、犬の管理、つまり、望まない行動ができない環境を作る方法、望まない行動と両立できないことをさせる方法がベストでしょう。それから、人間の想像力です。たとえば、目を離している時にいたずらをさせてしまうなら、目を離さない。いたずらをしそうなものをすべて犬が届かないところにおく。でも、現実的に24時間見張っていることはできませんし、家の壁かじりが好きな子から、家の壁を隠すことはできません。そういうときは、飼い主の想像力の勝負になります。すぐ思いつくのがサークルやクレート等に入れることですが、最初にサークルやクレートのトレーニングがうまくできていなければ、犬は快適にサークルやクレートにいられず、大騒ぎになるでしょう。この場合、サークルまたはクレートが好きになるように、別立てのトレーニングが必要です。他には、家ではぐっすり寝ているよう、たくさん遊んで、十分に体と頭を使わせる、夢中になって囓るものを数バリエーション用意する、人間の腰にリーシュを結んで、疲れて寝始めるまで常につれて回る、見ていられないときは、安全に囲ってある庭で遊んでいてもらう等、対策は飼い主の想像力次第で限りなく出てきます。プロに相談しないのであれば、回避できる手段を自力でなにか探さなくてはなりません。
(余談ですが、人間の姿が見えなくなると、120cmのサークルから猿のように脱走していたパピーがいました。この飼い主さん、犬がよじのぼる時に怪我をしそうなのでサークルの天井をふさいでフタをしました。しかし、やっぱりフタをあけて出てきました。そこで、サークルは諦め、クレートを購入しました。クレートで快適に過ごせるようになるまで、他の部屋とは隔離でき、危ないものがない玄関で留守番をさせるようにしました。今では自発的にクレートに入り、中で静かにお留守番ができるそうです)


陽性強化の訓練方法が普及し始めた時、「叱らないしつけ」とも呼ばれていました。これだけ聞いた状態では、一部の人には、どんな望ましくない行動をしても放っておくのかとか、飼い主は我慢なのか、ましてやその望ましくない行動を褒めるのかという意味に勘違いされていたんですが、要はこういうことだったようですね。望ましい行動に導いて褒め、望ましくない行動は「最初からさせない」です。

top return



オススメ本

「叱らないしつけ」に興味をもたれて、関連図書をお探しになる場合、キーワードは「陽性強化」です。「クリッカー」関連の本も、実際にこのデバイスを使用しなくてもいいようですし、人間側が強化のタイミングを学ぶには、とても役立つと思います。2005年10月現在、日本語になっていてBORZOI.jpでも参考にさせていただいているのは、下記の著者による本です(カタカナあいうえお順敬称略)。

・いあん・だんばー
・かれん・ぷらいやー
・じーん・どなるどそん
・てりー・らいあん

辞書さえあれば(なくても)読破できる英語力と気力があるぞ〜という方は、是非原書でもお読みになってください。英語でのキーワードは positive と training とか reinforcement、clicker とかを組み合わせて検索すると、ご自分に合った説明方法で書かれている本に巡り会えるでしょう。

top return